/*石岡追加*/ /*石岡追加*/ 中小企業向けBCPソリューション - Yahoo!クラウド

Yahoo!クラウド 中小企業向けBCPソリューション 中小企業のニーズから生まれた、事業継続を支えるクラウドサービス

突然の災害やサーバー障害、停電などが発生した場合、あなたの会社が受ける損失を考えたことがありますか?
リスクは認識しているけれど、対策経費にお悩みの事業主様、またはIT担当者がいないと嘆かれている事業主様。「Yahoo!クラウド 中小企業向けBCPソリューション」は、月額7,500円(税別)からの低価格で、データの消失や業務ソフトが利用できなくなるなどのリスクを、簡単な操作で最小限に抑え、早期の事業復旧を実現いたします。

Yahoo!クラウド中小企業向けBCPソリューション導入事例

株式会社ビプロス様

大規模災害時などで事業を停止せざるを得なくなった場合、 いかにスピーディに事業を復旧し、影響を最小限にするかという課題を解決するためにYahoo!クラウドをご利用いただきました。

株式会社カスカワスポーツ様

店舗数が増え、取り扱い規模が拡大することで、Eコマースを始めた当初では見えなかった課題に直面し、その解決策としてYahoo!クラウドをご利用いただきました。

Yahoo!クラウド 中小企業向けBCPソリューションの提供サービス

  • :オプション
  • :スタートアップ
1.ファイル共有サーバー
ドラッグ&ドロップで簡単にファイル共有・保存
2.遠隔地バックアップ
東日本・西日本2拠点のデータセンターを利用
3.高セキュリティー機能
世界基準のセキュリティーレベルを実現
4.インフラ管理/運用/保守
面倒なインフラの管理/運用/保守を代行
5.無料サポート
24時間365日メール受け付け(対応時間:平日9時~17時) *1
6.シンクライアント
クラウド上の任意のアプリケーションをどこからでも利用可能
7.業務用アプリケーション(有料/無料)
マーケットプレイスに業務用アプリケーションを完備
8.安否確認システム
シンプルな機能で、安否状況を迅速に確認
  • ※中小企業向けBCPソリューションは、Yahoo!クラウドのパートナー企業である株式会社きっとエイエスピーの提供サービスです。
  • *1 サービス管理画面内の「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

業界低水準 スタートアップの5サービスは「初期費用50,000円(税別)、月額費用7,500円(税別)」でご提供

Yahoo!クラウド 中小企業向けBCPソリューションの特長

東西2拠点で自動バックアップスタートアップ

消失すると大きな支障となる、企業活動を行ううえで重要なデータを、東日本・西日本2拠点のデータセンター間で自動同期します。Yahoo!クラウドのデータセンターは東日本(首都圏)と西日本(北九州)に立地しています。通常、データは東日本のデータセンターにバックアップされ、自動的に西日本のデータセンターへミラーリング(同期)されます。そのため、万一、大規模な災害や障害が東 日本で起こり、データセンターに影響があった場合でも、アクセス先を西日本のデータセンターに切り替えることで、短期間で事業を再開、継続することが可能です。

東西2拠点で自動バックアップ

簡単操作でファイル共有スタートアップ

Yahoo!クラウドに保存されたファイルには、サービス導入後にデスクトップ上にショートカットを作成することができ、社内のサーバーと同じ感覚で簡単にアクセスできます。Yahoo!クラウドへのファイルの移動は、ドラック&ドロップの操作で行えます。また、社内の部署ごと、役職ごと、取引先ごとなどに、アクセス権限を設定することができますので、閲覧対象者を絞ってファイルの編集や共有ができます。

簡単操作でファイル共有

高セキュリティースタートアップ

Yahoo!クラウド 中小企業向けBCPソリューションは、高いセキュリティー機能を備えています。
VPN接続と呼ばれる、オランダ政府機関でも採用されているOSS(オープンソースソフトウエア)のOpenVPNを採用した接続方式を通じてのみご利用いただくことが可能です。CRYPTREC(※)にて評価され、「電子政府推奨暗号リスト」にも掲載される暗号方式を使ったSSL証明書をアクセス端末ごとに発行し、認証された端末以外からのアクセスを防ぎます。

  • ※電子政府推奨暗号の安全性を評価・監視し、暗号技術の適切な実装法・運用法を調査・検討するプロジェクト
高セキュリティー

業界低水準価格スタートアップ

BCP(事業継続計画)構築、災害復旧対策は、中小企業にとって、技術面やコスト面においてハードルが高いものになりがちですが、Yahoo!クラウド 中小企業向けBCPソリューションは、ファイル共有サービス、シンクライアントサービスなど、オプションを含めて8つのサービスを用意しています。スタートアップは業界低水準の初期費用50,000円、月額費用7,500円(ともに1利用企業あたり。ユーザーは100人まで。税別価格)で提供しています。

業界低水準価格

ディザスターリカバリー(災害からの事業復旧)スタートアップオプション

早期事業再開のためには、データバックアップだけでなく、Office系や販売管理系のアプリケーションなど、普段使っている業務アプリケーションが使用できなくてはなりません。Yahoo!クラウド 中小企業向けBCPソリューションでは、ストレージサービスとシンクライアントサービスを提供しています。
クラウド上でアプリケーションやデータを通常業務の中で普段から利用しておくことで、オフィスが災害・障害の影響を受けたとしても、パソコンとインターネット環境さえあれば、業務停止期間を最小限に抑え、簡単な操作で速やかに事業を再開できます。

シンクライアントとは
アプリケーションのインストールから実行までの作業は、全てクラウド上のサーバーで行われます。そこから配信される実行画面を見ながら、手元のクライアント端末でアプリケーションを操作します。マウス、キーボードなど、クライアント端末の入力情報をクラウド上のサーバーに送信することで、手元のクライアント端末にはインストールされていないアプリケーションを実行しているように利用できる技術です。
ディザスターリカバリー(災害からの事業復旧)

Yahoo!クラウド 中小企業向けBCPソリューションの料金

  金額(税別) 金額に含まれる内容

初期費用

50,000円

お客様の要望に合わせた設定を行います。

  • - ユーザー追加(100ユーザーまで)
  • - グループ追加(任意)
  • - VPN接続に関わる証明書類の発行(初期設定にて、通常利用ユーザー分を発行)
  • - 各種設定
    (アクセスコントロール/VPNルーティング/ファイアウォール/ディスク容量
    追加・制限 *1)

オプションの「シンクライアント」、「業務用アプリケーション(有料/無料)」、「安否確認システム」をご利用いただくにあたっての料金は含まれておりません。

月額費用

業界低水準7,500円

快適なインフラを維持して提供します。

  • - I/O (ディスク、ネットワーク)
  • - セキュリティー運用(ログ監視、不正侵入検知)
  • - システムメンテナンス (ソフトウエアアップデート、セキュリティー更新)

オプションの「シンクライアント」、「業務用アプリケーション(有料/無料)」、「安否確認システム」をご利用いただくにあたっての料金は含まれておりません。

オプション

100円~

  • - 緊急時のVPN証明書類発行手数料:1証明書あたり120円(税別)
  • - ディスク追加:1GBあたり100円(税別)(東西2拠点、各1TBまで追加可能)
  • - 「シンクライアント」、「業務用アプリケーション(有料/無料)」、「安否確認システム」:別途お見積り *2
  • ※月単位でのご契約です。
  • *1 初期設定にて、東西各2拠点5GB(合計10GB)の設定をします。
  • *2 有償オプションは、Yahoo!クラウド中小向けBCPソリューションのシステムを用いて、お客様が独自にサーバーマシンの仮想化、またはアプリケーションの仮想化を実現するサービスです。これに伴うプログラムの改変、追加、削減などの付帯業務を、ご要望に応じて実施いたします。

損害賠償

Yahoo!クラウド 中小企業向けBCPソリューションを構成する各サービス事業者の運用上の過失によりお客様に不利益が生じた場合、その損害状況や度合いに応じて月額費用を一定期間無料(最大12カ月)とすることで賠償いたします。

中小企業向けBCPソリューションのお申し込みの流れ

  • 1.お問い合わせお客様
  • 2.ご提案Yahoo! JAPAN
  • 3.お申し込みお客様
  • 4.各種設定※1きっとエイエスピー
  • 5.利用準備※2お客様
  • 6.ご利用開始
  • ※中小企業向けBCPソリューションは、Yahoo!クラウドのパートナー企業である株式会社きっとエイエスピーが提供しており、契約は株式会社きっとエイエスピーもしくは、その販売代理店と締結していただきます。
  • *1 SSL証明書の発行、セキュリティーに関する設定、ディスクの割り当てなど。
  • *2 OpenVPN、SSL証明書のインストールなど。
株式会社きっとエイエスピーとは
株式会社きっとエイエスピー(本社:東京都新宿区、設立年月日:2000年11月6日、代表取締役社長:松田利夫)は、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)黎明(れいめい)期の2000年に啓発団体ASPインダストリー・コンソーシアム・ジャパン設立参加企業を中心に、ASP関連先端技術を集積し、情報通信技術企業向けに提供するという目的で設立されました。以来、ASP、SaaS、クラウドという変遷のなかで、情報通信技術プロフェッショナルの皆様に、ASP、SaaS、そしてクラウド関連の最先端技術を提供するプロフェッショナル技術集団として新たな技術分野へのチャレンジを続けています。